kippisのある暮らしvol.4

スタイリスト玄長なおこさんが指南!
kippis柄バッグのコーディネイト法

kippisのテキスタイルバッグをもっと素敵に持ちたい!人気スタイリスト玄長なおこさんに洋服との上手なコーディネート法を指南していただきます。

2017.05.04

SHARE 0

植物が生い茂る庭をモチーフにしたPuutarha(庭)柄のランチバックをポイントにしたふわっと優しいコーディネートです。「柄に使われているピンクがかわいらしかったので、そこから考えました。パステルピンクのワンピースが主役です。今年はピンクがトレンドカラーなのでぜひ取り入れるべき!強いピンクだと抵抗がある人も、肌なじみのいいパステルピンクなら着やすいですよ」(玄長さん)。

ワンピース¥17,800/ハンズ オブ クリエイション(エイチ・プロダクト・デイリーウエア)、ハット¥8,800/アデュー トリステス ロワズィール(アデュー トリステス ロワズィール 代官山アドレス・ディセ店)、ソックス¥2,100、シューズ¥18,000/ともにコンジェ ペイエ アデュー トリステス ※以上、税抜き価格

思わずお散歩をしたくなるような、軽やかなイメージのコーディネイトです。 「ブルーのMökki(コテージ)柄のボーイッシュな印象を生かしたかったので、コーディネイトもサロペットでボーイッシュスタイルにしました。ただメンズっぽさが強くなり過ぎないように、トップスは総レースのブラウスで。結構甘めなブラウスです。ボーイッシュスタイルを女子っぽく仕上げたいときは、これくらい甘めなアイテムがいいんです」(玄長さん)

サロペット¥15,800、レーストップス¥11,800/ともにハンズ オブ クリエイション(エイチ・プロダクト・デイリーウエア)、スカーフ¥11,000/マニプリ(フラッパーズ) サンダル¥27,000/プント ピグロ(ビューカリック&フロリック)

「Metsäsatu(森のおとぎ話)柄のバッグには、三角形の柄が森のように見えるワンピースを合わせてみました。柄+柄でも色みがシックなので、合わせやすいです。白いリネンパンツを重ねてリラックスムードを高めて。春夏もストールはぜひ使いたいアイテム。バランスがぐっとよくなっておしゃれ度がアップしますよ」(玄長さん)春夏の重ね着コーデ、ぜひ試してみて。

ワンピース¥18,000、ソックス¥2,200、シューズ¥16,800/以上すべてコンジェ ペイエ アデュー トリステス、パンツ¥37,000/エンリカ(フラッパーズ)、ストール¥13,800/ハンズ オブ クリエイション(エイチ・プロダクト・デイリーウエア)

関連記事

©kippis