北欧ごはんレシピ vol.5

料理家・星谷菜々さんと考えました。
我が家の定番にしたい、“北欧ごはん”

普段あまりなじみのない北欧料理ですが、
実は日本人にも驚くほどなじみやすい料理も多いんです。
日本の家庭のごはんにぴったりの、“北欧ごはん”を料理家の星谷菜々さんと考えました。

SNS映えを狙うなら。海老とソルティーレモンのチコリボード

2017.05.05

SHARE 0

日本のスーパーでもよく見かけるようになった、ヨーロッパの野菜“チコリ”。葉をボートに見立ててサラダ等を盛るのがSNS等でも話題になっています。北欧ソースをつかって、北欧版チコリボードを作ってみましょう。

材料 (作りやすい分量)

チコリ 1本、サラダ海老 100g、完熟アボカド 1/2個、ゆで卵 1個、マヨネーズ 大さじ1
kippisソルティーレモンソース 小さじ1+適量、塩、ローズぺッパー 各適量

作り方

1

チコリは根元を少し落としてばらし、平らになるように底を薄く削ぎ落とす。海老は1cm幅に切る。

1

ボウルにアボカドの果肉、ゆで卵を入れて泡立て器でつぶす。海老、マヨネーズ、kippisソルティーレモンソース小さじ1も加えてヘラで混ぜ、塩で味を調える。

1

チコリに2をのせ、ソルティーレモンソースを少量かけ、ローズペッパーを振る。

POINT1

チコリの底になる部分を平らにカットすることで、すわりをよくします。

POINT1

アボカドとゆで卵を混ぜるときは、泡立て器を使うのがおすすめ。具材がつぶれやすくて便利です。

今回、使用したkippis商品

kippisソルティーレモンソース

購入はこちら

商品情報はこちら

関連記事

©kippis