北欧ごはんレシピ vol.3

料理家・星谷菜々さんと考えました。
我が家の定番にしたい、“北欧ごはん”

普段あまりなじみのない北欧料理ですが、
実は日本人にも驚くほどなじみやすい料理も多いんです。
日本の家庭のごはんにぴったりの、“北欧ごはん”を料理家の星谷菜々さんと考えました。

じゃがいもがこんなにおいしくなる。ピッティパンナ

2017.05.03

SHARE 0

北欧では本当によく使われる食材、じゃがいもをおいしく頂ける料理。ちょっとずつ食材が余った!なんていうときにとても使えるレシピです。さっと炒めるだけなのに、ごはんにおつまみにぴったりな一品。半熟の卵を絡めるのも◎。

材料 (作りやすい分量)

じゃがいも 2個、ソーセージ 4本、玉ねぎ 1/2個、パプリカ 1/2個、 パセリ(みじん切り) 適量、塩、胡椒 各適量、オリーブ油 大さじ1+1、 卵 2個

作り方

1

じゃがいもは皮ごとラップに包み、電子レンジで3分、上下を返してさらに3分加熱する。串がすっと通ればOK。粗熱がとれたらラップを外して皮をむき、1.5cm角に切る。

1

たまねぎ、パプリカは1cm角に、ソーセージは2cm幅に切る。

1

フライパンにオリーブ油大さじ1を熱して、2を強火で炒める。しんなりしてきたらじゃがいもを加えてさらに炒める。全体がこんがりしてきたら塩、胡椒をして器に盛り付け、パセリを振る。

1

フライパンを洗い、再びオリーブ油大さじ1を中火で熱し、卵を割り入れる。蓋をして弱火にし、半熟に焼き上げ、3にのせる。

POINT1

じゃがいもの皮をむくときは、粗熱がとれてからでOK。

POINT1

たまねぎ、パプリカがしんなりしてきたら、じゃがいもを入れます。

関連記事

©kippis